メイン画像

冠婚葬祭の中で葬儀は一番予測できません

冠婚葬祭の中で、葬儀は一番予測できません。人間の死は、病気によりやってくることが最も多いのです。自然災害に、あってしまう事もあるみたいです。いずれも、突然やってくる葬祭に、親せきはどこで行うのか、考えなければなりません。会社の重役は社葬といい会社ぐるみで儀式を行う場合も、あるようです。そのような場合、葬祭の代表者に全部お願いします。

日本では冠婚葬祭の際に、決まった挨拶があります。葬儀の場合には、故人の親族の人たちに向けて、お悔やみの言葉をかけましょう。葬儀においては、お香典を渡す時このたびはご愁傷様ですや、お悔やみ申し上げますといったような定型語があるものです。親族はかなりショックを受けていて、声もかけられないような様子ですが、仲良しの仲間の挨拶で、少なからず救われると言うようです。故人と親族を思い、お悔やみを、真摯に伝えるといいでしょう。

儀式の時には、服装に次ぎ靴も規則があります。特別葬式の靴では、間違えれば注目を浴びます。葬式の場合の靴は黒を選択し、光物は避けなければなりません。また、装飾品があるものは控え、ペタンコではない物を選択します。サボは失礼であり、必ず避けなければだめです。更に、印象の悪いファーも、避けないとならないでしょう。TPOに合わせ、カバンを適宜選びましょう。